くばおう king of oyster 玖波

くばおうとは

くばおうとは、江戸時代から続く漁師町『玖波』にて代々牡蠣を養殖し続けている丸網水産から誕生したブランド牡蠣です。
自然の恵みをふんだんに受けたその身には、たっぷりの愛情と町を盛り上げたいという私たちの願いが込められています。

名前に込めた思い

私たち丸網水産は今まで『広島県産牡蠣、宮島産牡蠣』として、牡蠣をお客様に提供してきました。ですが、漁師間でも『玖波で育成した牡蠣は美味しい』と評価されているにも関わらず、玖波の名前を出せないのがずっと悔しいなと感じていました。
玖波は本当に小さな町ですが、人と人とが家族みたいにあったかくて大好きな町なんです。僕が駆け出しの時も、牡蠣の育成のこと、生きていく術を惜しみなく教えてくださり、そんな背中を見て育ってきました。そんな愛すべき玖波でつくられる牡蠣を、もっとみんなに食べてほしい!そして玖波という町にもっと興味をもってもらいたい!という思いを込め、丸網水産が育成した牡蠣を「くばおう」と名付けるようにしました。

くばおうの特徴

雄大な宮島と玖波の自然に囲まれた稀有な環境。行者山から滲み出る山水が、恵川・鳴川に乗って届けられるこの海は、稀に見る栄養に恵まれ牡蠣養殖業者間でも『春の浜』と呼ばれるほど牡蠣を育てる環境に適しています。そんな春の浜で育った牡蠣は身がぷっくりと大きく、十分に栄養を含んだ濃厚で美味しい牡蠣になります。中でも厳しい基準をクリアした牡蠣だけが『くばおう』として出荷されています。

とにかくいい牡蠣をつくりたい

私たち丸網水産は、1970年から3代に渡って牡蠣の養殖に携わり、日々牡蠣の健全育成に努めています。どうすれば強く、美味しく、健康的に育つか。先代の技術を踏襲しながらも、常に新しい育成方法を探り、試し、毎日海に出ることこそが極上の一粒へと繋がっていると信じています。数えきれない程の失敗で挫けそうになることもありますが、その分牡蠣が応えてくれたときの喜びはひとしおです。この恵まれた環境への感謝と、海に出られることへの感謝から1日が始まります。今日も良い牡蠣をつくりたい、その一心で。

メッセージ

有限会社 丸網水産 / 代表取締役
網谷隆寛

僕は牡蠣をつくることしかできない人間です。父の不調を機に3代目となり、手探りで始めた牡蠣づくりは本当に苦難の連続でした。それでもここまでやって来れたのは、先輩方や仲間たちのおかげです。美味しい牡蠣をつくって、そんな人たちを笑顔にすることが僕の生きがいであり、やりがいです。牡蠣づくりって、大変なこともあるけど本当に面白くて楽しくて、この仕事に出会えて本当によかったなと思っています。たくさんの人に「くばおう」って美味しい!玖波ってどこ?と思ってもらうことで、お世話になった玖波の皆さんへの恩返しになっていけたらと思っています。皆んなの思いが詰まったこの牡蠣が、皆さんの喜びにつながっていたら、こんなに嬉しいことはありません。是非くばおうをご家庭でもお楽しみください。

商品はこちら